読み込み中・・・

カナダに長く残れるビザ”VISA”とは

ほとんどの留学生が、カナダでのWorking Holiday Visa(ワーキングホリデービザ)が終わってしまった後もカナダに残りたいと思うかと思います。

でもそんな時どのような選択肢があるのでしょうか?

カナダにどのように滞在できるか?カナダで働いて勉強する方法は?

その悩みに答えるべく今回はカナダに長く滞在できる術をご紹介しようと思います!


◉Co-opビザ◉

Co-op VISA ビザ

これは、Working Holiday Visa(ワーキングホリデービザ)を取得できない人(年齢制限があり取得出来なかった人)がカナダに来ることを選択する方法の1つです。経済的で手頃な価格で、仕事と勉強の両立ができます。例えば、カナダ政府が認める法律学校で6か月勉強し、残りの6ヵ月はカナダで仕事が出来たりします。専門的な分野を英語で学ぶことが出来ます。(顧客サービス/ホテル管理/観光および観光コース/企業管理/ネットワークエンジニアリング…)、学校から専門知識を吸収し、英語環境でスキルをすばやく習得することが出来ます。

学校は仕事情報提供や、学生の成績によって推薦書を書いてくれる学校も珍しくはありません。そして多くの学生がモチベーションを高く維持したまま卒業を迎え、学校卒業後も自分の将来へしっかりとしたビジョンを持っています。

•適用条件: 

→英語力が中程度またはIELTS 5.5以上 ※プログラムによって異なる

→高校教育以上

•利点:

→前半の学習期間にも週20時間働くことができ、プログラム後半ではフルタイムで働くことが出来る。

→英語力を高め、職場環境に適応する

→カレッジよりも学費が安い

→日本に帰った後、就活で海外キャリアが有利になる

◉Canadian College◉

Canadian College ビザ VISA

2年間Collegeに通い、卒業証書+政府から3年間の就労ビザを申請した後、  正式な会社にサインアップするために3年間の仕事をすることを検討できます。カナダに滞在したい場合は、カナダに永住権を申請することもできます。 Collegeに通いカナダライフを満喫しよう!

•適用条件: 

→University Pathway PassまたはIELTS 6.0以上

→高校教育以上

•利点:

→卒業後3年間の就労ビザ

→ 永住権へのチャンスが広がる

◉語学学校◉

語学学校 VISA ビザ

仕事をした後、十分に英語が話せていると感じますか?英語の学位はまだ足りていると思いますか?日本に戻ったときにあなたがカナダに来て英語を学んだことを試すために数ヶ月間語学学校に行くことができます。また、ビジネスコースなどに申請し、海外での専門知識を増やすことができます!

•適用条件:

• 英語をこれから始める方やこれから海外移住をお考えの方へお試し

•利点:

•英語力を向上させ、競争力を高める

◉LMIA(就労ビザ)◉

LMIA ビザ VISA

雇用主からLMIA(就労ビザ)を政府に申請してもらい、LMIA(就労ビザ)を取得することができます。現地在住の雇用主が外国人を雇う必要があるときは、政府に申請しなければなりません。通常、ビザの期間は1〜2年です。ただし、この種のビザは申請が簡単ではなく、可能性は他のビザに比べると非常に低いです。また、現地在住者の失業率、給与レベルなどを考慮すると、政府がプロフェッショナルとみなされる方のみに発行されるビザです。

カナダのビサ情報について詳しく知りたい場合は、お気軽にお問い合わせください。

お問い合わせフォーム

サイドバー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。