私立カレッジと
公立カレッジの違い

カナダで就職・移住したい、海外で専門分野を学びたい、と考えている方にはカレッジ留学がおすすめです。カナダには私立カレッジと公立カレッジの二種類のカレッジがありますが、どんな違いがあるのかわからない方も多いのではないでしょうか。ここでは公立カレッジと私立カレッジの違いを、特徴や入学条件など比較しながら詳しく説明します。ご自分の目標や留学スタイルを決めるときの参考にしてみてください。

私立カレッジ

キャリアカレッジとも呼ばれており、日本で言う専門学校の位置づけになります。短期間でインターンで働くのに必要な専門知識を学べ、CertificateやDiplomaの資格を取得できます。またコミュニティーカレッジとは違い、就労ビザ(Post Graduate Work Permit)は取得できません。Co-op留学をしてカナダで就労経験を積んで日本でのキャリアに活かしたい、少しでも長くカナダに残りたいという方には私立カレッジがおすすめです。
プライベートカレッジ

私立カレッジのメリット

  • 1. 入学のハードルが低い

    学校にもよりますが、TOEFL(iBT)で32点〜、IELTSで4.5〜と、公立カレッジと比較して入学に必要な英語力の基準が低いです。英語に自信がない、必要な英語力に達してないという方は、語学学校付属のカレッジで英語を勉強したあとにカレッジに編入することができます。

  • 2. 入学できるタイミングが多い

    1ヶ月に1回〜数回入学を受け入れている学校が多いです。ご自分の都合に合わせて入学時期を選べるので、フレキシブルに留学計画を建てられます。

  • 3. 費用が安い

    費用も$10,000前後と公立カレッジと比べて安いです。Co-opプログラムでは卒業後のインターンシップで働くことで、留学費用が公立カレッジよりも大幅に節約できます。

  • 4. 指導が行き届きやすい少人数制

    コミュニティーカレッジに比べて私立カレッジは規模が小さく、クラスも少人数制です。一人ひとりの学生にきめ細やかに指導でき、学生も発言しやすいというメリットがあります。

  • 5. 短期間で専門プログラムを学べる

    コミュニティーカレッジでは一般教養などの学問も習得する必要がありますが、私立カレッジはより実践的で仕事に必要な専門知識を学ぶことに特化しているので、数ヶ月〜2年間の短期間でCertificateやDiplomaの学位を取得できます。

公立カレッジ

公立カレッジはコミュニティーカレッジとも呼ばれており、一般的にカナダでカレッジというとこちらの公立カレッジのことを指します。就職に役立つスキルを身につける事ができます。私立カレッジよりも学べる分野が多く、 コースによってCertificate、Diploma、Advanced Diploma、Bachelorなどの学位を取得できます。また、卒業後は最長3年間働くことがでる就労ビザ(Post Graduate Work Permit)を申請でき、移民申請にもつなげることができます。将来はカナダ現地の企業に就職したい、カナダへの移民を視野に入れていると考えている方は、公立カレッジに通うのがおすすめです。

公立カレッジのメリット

  • 1. より幅広い分野の
    専門スキルを学べる

    多くのカレッジで100以上のプログラムを開講しており、ビジネスや貿易、電気工学、ホスピタリティ、デザイン、幼児教育など様々な分野の専門知識を学ぶことができます。

  • 2. 留学生が少ない

    ほとんどが現地の学生で、コースによってはクラスに日本人が一人ということもあります。そのため入学には高いレベルの英語力が必要になります。また英語力が若干満たない学生でも、エッセイの書き方などをを学ぶアカデミックESLコースを受講できます。

  • 3. 卒業後は就労ビザを申請できる

    前述でも述べましたが、卒業後はPost Graduate Work Permitと呼ばれる就労ビザを申請できます。このビザでは最長3年間働くことができ、その後の移民申請にも大変有利になります。

  • 4. 大学編入がしやすい

    教育水準が高いカナダの大学に日本から進学するには、高校での成績、TOEFLの点数などを高い水準でクリアする必要があります。公立カレッジでは大学編入コースが用意されています。一定の単位をカレッジで取得した後に大学の2年または3年次に編入でき、費用も節約できます。英語力や高校の成績に自信がないという方におすすめです。

カレッジ比較表

公立カレッジ 私立カレッジ
規模
中規模
小規模
取得できる学位
Certificate、
Diploma、
Advanced Diploma、
Bachelor
Certificate、Diploma
入学に必要な英語力
TOEFL(iBT) 60〜、 iELTS 6.0〜
TOEFL (iBT) 32〜、iELTS 4.5〜
費用
¥3,000,000〜(2年)
¥800,000〜¥1,200,000(1年〜2年)
学ぶ内容
学問+職業訓練
職業訓練に特化
就労ビザの申請資格
あり
なし
公立カレッジ
規模
中規模
取得できる学位
Certificate、
Diploma、
Advanced Diploma、
Bachelor
入学に必要な英語力
TOEFL(iBT) 60〜、
iELTS 6.0〜
費用
¥3,000,000〜(2年)
学ぶ内容
学問+職業訓練
就労ビザの申請資格
あり
私立カレッジ
規模
小規模
取得できる学位
Certificate、
Diploma、
Advanced Diploma、
Bachelor
入学に必要な英語力
TOEFL(iBT) 60〜、
iELTS 6.0〜
費用
¥3,000,000〜(2年)
学ぶ内容
学問+職業訓練
就労ビザの申請資格
あり
お問い合わせフォーム・バナー_02