Co-op留学

Co-op(コープ)留学は、学生ビザとコープビザが合わさったセットの留学方法です。
カレッジや専門学校で実務に必要な専門スキルを学びながら働くことができ、語学力を伸ばしながらスキルアップもできる一石二鳥のプログラムで、社会人の方に人気です。また永住権取得をするときにもとても有利です。

Co-opをおすすめする理由

  • 1. 学校に通いながら、同時にパートタイ ムで(週20時間)働けます。
  • 2. さらに学校修了後も、フルタイムで (週40時間)働けます。
  • 3. 英語で実践に役立つ専門スキルを学ぶ ことで語学力もさらにアップ!
  • 4. ワーキングホリデーのように年齢制 限がなく、いつでも留学できます。
  • 5. 学校卒業後にはカナダ政府からカナダ で教育を受けた証明が授与されます。
  • 6. カナダ現地の企業で働くことによって、本格的な実務経験を積め、業界の人脈も得られます。
  • 7. 8ヶ月以上のコープ(就労)で、永住権のためのポイントが加算されます。
  • 8. ビザ発行中はずっと働き続けることができるので、留学費用を抑えられます。

通学中も働ける

学校に通いながら、同時にパートタイムで(週20時間)働けます。

カナダでの学位

学校卒業後には、カナダ政府からカナダで教育を受けた証明が授与されます。

フルタイムで働ける

学校修了後は、フルタイムで(週40時間)働 けます。

現地の企業で働ける

カナダ現地の企業で働くことによって、本格的な実務経験を積め、業界の人脈も得られます。

英語+専門スキル

英語でビジネスなどの専門スキルを学ぶことによって、語学力もさらにアップ!

永住権取得にも有利

8ヶ月以上のコープ(就労)で、永住権のためのポイントが加算されます。

年齢制限がない

ワーキングホリデーのように年齢制限がなく、いつでも留学できます。

費用を抑えられる

ビザ発行中はずっと働き続けることができるので、留学費用を抑えられます。

Co-opプログラムの仕組み

プログラムのコースにもよりますが、前半4ヶ月〜13ヶ月はカレッジや専門学校に通って、仕事で使う専門的な知識を学びます。その間は週20時間までパートタイムで就労できます。後半は学校で学んだ専門分野に関連する企業で、学んだ期間と同じ分だけフルタイムのインターンシップとして働き、実務経験を積みます。

学校によっては定期的に一週間の休みがあり、その間はフルタイムで働くことができます。

co-op留学
bar-m

人気のCo-opプログラム

医療事務、ホテル業、会計士、マーケティング業など、なりたい職業に合ったプログラムを選べます。

co-op留学

医療事務

医療系プログラム

co-op留学

会計士

アカウンティング
プログラム

co-op留学

旅行会社・
ホテル業

ホスピタリティー系プログラム

co-opプログラム

会社経営・
マーケティング

ビジネス系
プログラム

co-op留学

医療事務

医療系
プログラム

co-op留学

会計士

アカウンティング
プログラム

co-op留学

旅行会社・
ホテル業

ホスピタリティー系
プログラム

co-opプログラム

会社経営・
マーケティング

ビジネス系
プログラム

プログラム申し込みの流れ

Co-opプログラム申し込みの流れ
Co-op申し込みの流れ

入学テストはオンラインで受けられます。IELTSスコアが5.5またはTOEFLスコアが6.0に達している場合は入学テストは免除されます。

フルタイム生徒のプログラムスケジュール

これは一例ですが、半年のコース期間中にそれぞれ約2週間半ずつプログラムが開講されており、各プログラムが終わると次のプログラムが開講するまでの1週間がお休みとなります。

コープ・プログラムスケジュールの例

コープ学校一覧

コープ留学を体験した方の声

ご相談・入学手続きについては
こちらをご覧ください