読み込み中・・・

トロント基本情報

トロント基本情報

カナダの経済の中心であるトロント。毎年多くの学生が留学やワーキングホリデーで訪れます。そんな魅力たっぷりのトロントの基本情報を見ていきましょう。
トロント
東部の金融センター、カナダ最大のグローバルシティ「トロント」の地名は、原住民の言葉で「人が集まる場所」を意味する言葉に由来するとされる説があり、オンタリオに位置するトロントはカナダ最大の都市と最大の金融センターです。6割超えの住民は海外生まれですので、名実伴うグローバル都市です。多国籍文化のおかげで、カナダは多国籍国家、様々な国の本格料理が食べれてしまいます。
カナダでメジャーなスポーツとコンサート
カナダ人は全般的に体を動かすことが大好きです。トロント・ブルージェイズ(英語: Toronto Blue Jays)は、MLB・アメリカンリーグ東地区所属のプロ野球チーム。本拠地はカナダのオンタリオ州トロントです。トロント・ラプターズ(Toronto Raptors)は、カナダのオンタリオ州トロントに本拠を置く全米プロバスケットボール協会 (NBA) のチーム。Rogers Centreはトロントの東京ドームにあたるもので、球技の試合以外色んな有名な歌手のコンサートも行われております。そして、アイスホッケーはカナダの国技の一つであり、カナダ人に非常に人気があります。
トロントの交通手段
GTA(グレータ・トロント・エリア Greater Toronto Area) ならばGO! Busが主要な交通手段。トロントのダウンタウンの交通手段は基本的に「地下鉄」「バス」「ストリートカー」の3つで、全てTTCの運営となっています。肝心な値段については日本の感覚だとちょっとビックリするのですが、距離に関係なく同一で、一律3ドルです。料金の支払いは、日本のような紙製の切符はなく基本的には現金かトークンと呼ばれる小さいコインで支払います。ADMISSION HUBは10%オフのマンスリーパス予約受付中!オフィシャルサイトwww.Admission Hub.com.twにてチェックしてみてください。

????地下鉄
トロントの地下鉄は80年の歴史があり、現在は四ラインがあります。
黄色線;Yonge-University-Spadina Line
ミドリ線;Bloor-Danforth Line ;ADMISSION HUBはChristie stationから徒歩5分
青い線;Scarborough RT
紫線;Sheppard Line
 
????バス
トロントには非常によく整備されたバスネットワークがあり、100以上のバスルートがあり、前方の数字はルート番号、後方の文字は道路名です。バス停はすべて番号がついていますので、携帯電話で898-882にバス停の番号を送るとバスの到着時間を確認することができます。
ストリートカー
トロントのストリート・カーはトロント交通局(TTC)によって運行されている路面電車です。地下鉄や市バスと並んだ主要な交通手段のひとつで、車道の真ん中を走る真っ赤な車体のストリートカーはトロントの名物となっています。ダウンタウンの中心部を東西に結ぶ路線を中心に、碁盤の目になっている市内をほぼ真っ直ぐに走行。路線は全部で11本で、朝5:00-翌1:00頃まで運行。深夜から明け方にかけて走行するAll Night Streetcar Routesもあり、実質24時間運行の路線も存在します。
多民族が特徴
多様性のあるトロントは人種のるつぼであると思うかもしれませんが、カナダ人はそれを人種のるつぼというように例えるのではなく、モザイク社会であると捉えます。モザイク社会とは、お互いの出身地域の文化を尊重し、それを保持したまま、モザイクの一片一片のように共存しながら国を形成しているという社会です。多文化主義政策はカナダの国の方針でもあり、「多文化主義法」によって保証されています。トロントではグリークタウン、リトルイタリー、リトルインディア、リトルポーランド、チャイナタウン、コリアタウン、キャベジタウン(アイリッシュタウン)、ポルトガルビレッジが見られます。実に正真正銘のグローバル都市です。
トロントの地下都市「PATH」
トロントの冬は毎日気温がマイナスを記録します。外を歩く人も少なく、みな寒そうですが、高層ビルが建ち並ぶダウンタウンの中心を迷路のように走る地下通路、通称「PATH」は沢山の人で賑わっています。今や総面積371,600平方メートル、地下通路そのものが「街」となり、各種店舗がひしめき合う世界でも類をみない程の巨大ショッピング施設として、ギネスブックに登録されているほどになりました。
トロントの雇用機会
トロントはカナダ最大の都市として就職の機会がたくさんあります。トロントは金融センターとして数多くの金融業界に関する就職機会があります。人口が多いため、トロントでのサービスに対するニーズもとても多いです。
トロントシティパス(CityPass)
トロントシティパスは、カナダで最大の都市トロントの観光スポット5ヶ所で利用できる、割引のチケットブックレットです。

トロントシティパスを購入しておくと、個別でチケットを購入するよりもトータルで36%もコストを節約できます。トロントシティパスの対象観光スポットは

  1. CNタワー(CN Tower)
  2. カーサ・ローマ(Casa Loma)
  3. ロイヤル・オンタリオ博物館(Royal Ontario Museum)
  4. カナダ・リプレイ水族館(Ripley’s Aquarium of Canada)
  5. トロント動物園(Toronto Zoo) or オンタリオ科学センター(Ontario Science Centre)

AdmHub JA_Post footer

サイドバー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。