読み込み中・・・

ビザ、パーミット

Visa / Permit Information

ビザとパーミットの違い

Visa? Permit?

よく「ビザ:Visa」という言葉を使いますが、実は「パーミット:Permit」のことを指して「ビザ」と言っていることがよくあります。日本語に訳すと、「ビザ:(カナダへの)入国のための許可証)」、一方、「パーミット:(カナダでの)滞在のための許可証」となり、それぞれ別の目的のために発行されます。

★日本人の場合、カナダ入国の際にビザ(入国許可証)は必要ないので、「入国許可証」について説明された記事などはあまりなく、「ビザと記載されているのは、実はパーミットのことだった」という場合がほとんどです。

ビザ:Visa

日本人の場合、カナダ入国の際に「ビザ:入国許可証」は必要ありません。これは、日本人がカナダ政府から、「カナダ入国ビザが必要でない外国籍の旅行者」に分類されるためで、基本的には、日本国のパスポートを提示するだけでカナダに入国することができます。別の言い方をすると、入国の際に自動的に6ヶ月の滞在許可が下りるとも言えます。

*ビザの取得は免許されていますが、カナダ入国までに「電子渡航認証(eTA)」を申請・取得しておく必要があります。

パーミット:Permit

カナダでの滞在目的が、働くこと、カレッジや大学への進学などの場合、「パーミット:滞在許可証」が必要です。つまり、これがなければ、入国はできても働いたり、進学したりすることはできません。ただし、パーミットなしでも、6ヶ月以内の語学学校のプログラムで学ぶことはできます。

*「パーミット:滞在許可証」なしで入国する場合には、6ヶ月以内に出国しなければなりません。
*もし6ヶ月を超えて滞在する場合には、「一時滞在パーミット」を申請・取得する必要があります。

イータ:eTA(カナダ電子渡航認証)

日本人がカナダに入国する際には、「ビザ:入国許可証」は必要ありませんが、代わりに「イータ:eTA(カナダ電子渡航認証)」を申請・取得しておく必要があります。これは、日本人がカナダ政府から、「カナダ入国ビザが必要でない外国籍の旅行者」に分類されるためです。費用は7カナダドル(2019年6月6日現在)で、申請の手続きはすべてオンライン上で行うので、待ち時間もなく、通常は数日のうちに発行されます。

*申請はオンラインからのみです。
*取得情報はパスポートに紐付けられるので、紙媒体の証明書は必要なく、パスポート自体が「イータ」の証明になります。
*有効期限は5年ですが、新しいパスポートに更新した場合は、再度申請・取得する必要があります。
*目的地がカナダ以外の国であっても、カナダの空港を経由する便の場合には必要になります。
*空路で入国する場合にのみ必要で、車、バス、鉄道、船の場合には必要ありません。

エスタ:ESTA(アメリカ電子渡航認証システム)

日本人がアメリカに入国する際には、「ビザ:入国許可証」は必要ありませんが、代わりに「エスタ:ESTA(アメリカ電子渡航認証システム)」を申請・取得しておく必要があります。これは、日本人がアメリカ政府から、「ビザ免除プログラム対象国の市民または資格のある国民」に分類されるためです。費用は14米ドル(2019年6月6日現在)で、申請の手続きはすべてオンライン上で行うので、待ち時間もなく、通常は数日のうちに発行されます。

*申請はオンラインからのみです。
*取得情報はパスポートに紐付けられるので、紙媒体の証明書は必要なく、パスポート自体が「エスタ」の証明になります。
*有効期限は2年ですが、パスポート更新等により記載内容が変更された場合は、再度申請・取得する必要があります。
*目的地がアメリカ以外の国であっても、アメリカの空港を経由する便の場合には必要になります。
*アメリカの航空会社を利用する場合は、アメリカの空港を経由してカナダに到着する便も数多くありますので、特にご注意ください。

パーミットの種類

Types of Permit

一時滞在パーミット:Temporary Resident Permit (TRP)

これは、カナダに滞在(入国とは別)するために必要な許可証ですが、日本人の場合は、カナダ入国の際に6ヶ月までの滞在が許可されるので、申請の必要はありません。入国と同時に自動的に「一時滞在パーミット」が発行されると考えて問題ありません。しかし、6ヶ月を超えて滞在する場合には、滞在の延長を許可してもらう必要があり、この場合は、「一時滞在許可パーミット」の延長を申請する必要があります。

*他の種類のパーミットを取得している場合には、その有効期限が切れるまでは、延長の必要はありません。

学生パーミット:Study Permit

カレッジや大学、語学学校など、カナダで学校に入学し、学習するために必要な許可証です。(6ヶ月までの語学学校を除く)他の滞在許可証(「一時滞在パーミット」など)を持っていたとしても、それだけで進学することはできず、別に「学生パーミット」を申請・取得する必要があります。
また、申請するためには事前に学校からの入学許可を得る必要があります。つまり、入学許可を取得するまでは申請できません。

*学校からの入学許可なしに「学生パーミット」を申請すると、不法に滞在しようとしたと判断される可能性があります。

就労パーミット:Work Permit

カナダで働くために必要な滞在許可証で、さまざまな種類があります。

カナダの公立カレッジ・大学で最低8ヶ月のプログラムに進学し、無事修了すると申請できる「就労パーミット」で、最大3年のパーミットが発行されます。修了すると自動的に発行されるものではなく、自分で申請する必要があります。また、学校が定めたプログラムの最終日(卒業式の日ではありません)から3ヶ月以内に申請する必要があり、生涯で1度しか取得することはできません。

コーププログラム」の一部である就労体験のために必要な就労許可証です。

関連ブログ

Related Blogs

お問い合わせ

お問い合わせフォーム・バナー_02