読み込み中・・・

カナダのビザ・移住

カナダのビザ・移住

♪カナダ留学・ワーキングホリデー・ビザ無料サポート♪

カナダで語学留学をしたい、働いてみたい、移住したいとい考えているけど、ビザの種類がいろいろあってよくわからないという方。ここではカナダへ入国する際、滞在を延長する際のビザの種類と移住の方法について紹介していきます。
ICCRC公認の移住アドバイザーが常勤している多国籍教育コンサルタントAdmission Hubではまだ日本に帰りたくない、カナダにもっと長く住みたいといったあなたの悩みを解決します!まず日本語でお気軽にご相談ください!
                       
移住/ビザ 
留学やワーキングホリデーに参加を予定されている方々は、まず、以下の表内において「滞在可能期間」「就学可能期間」を見ながら、自分は「どのビザが必要なのか?」を一度チェックして頂ければと思います。

ビザの種類 滞在可能期間 就学可能期間 ビザ取得 仕事の可否
観光ビザ 半年 半年 申請免除
カナダ到着後に取得
不可
学生ビザ 半年以上 就学期間
(
半年以上の就学期間)
事前申請の必要
入学許可証・残高証
語学学校生は不可
特定の学生は可
ワーホリビザ 1年間 半年 事前申請の必要
年齢制限・健康制限あ
幅広い仕事への従事が可
Co-opビザ 1以上 1年以上 事前申請の必要
入学許可証・残高証
就労可能期間は、プログラム全体の50%を以内となっている

語学学校に通う予定を考えていらっしゃる方は、基本的には、その就学期間が「半年以内」を予定されている場合には「観光ビザ」、就学期間が「半年以上」を予定される場合には「学生ビザ」の申請を考えることになります。
「ワーキングホリデービザ」に関しては、基本的に「半年以内」の就学期間が可能となっており、それ以上の期間まで就学を予定されるケースでは、学生ビザ(観光ビザ:就学予定半年以内の場合)の申請をお薦めします。

カナダ観光ビザの概要

  • カナダの入国許可一時滞在許可が出ているだけで、利便上ビザと言う表現を使用しておりますが、正確には観光ビザは“ノービザ(ビザを持っていない状態)
  • カナダ滞在中における滞在身分(ステータス)は、Visitor(訪問者)扱いになるため、基本的に長期留学目的には対応していない
  • eTA(電子渡航認証:Electronic Travel Authorization)が必要になっており、渡航前にeTAを取得(7カナダドル)をしなければならない

カナダ学生ビザの概要

  • 学生ビザ(就学許可証: Study Permit)は、長期の就学期間を可能にするため設けられているビザ(許可)で、カナダ渡航前に事前申請し取得することで、高校・短大・専門学校・大学といった、半年以上のカナダ滞在を必要とするような学校にも通えるようになる
  • 高校や大学などのフルタイム授業(語学学校は不可)に通われている方々は、就労許可証なしでも週20時間のオフキャンパス(学外)での就労(アルバイト)ができる
  • 注意点として、学生ビザを取得しフルタイム授業を受けている場合においても、語学学校で英語やフランス語を学ぶ人(ESLの生徒)はアルバイトができない

ワーキングホリデービザの特徴

  • 半年間の就学許可」と「1年間の就労許可(滞在許可)」を受けることができ、ボランティア活動はもちろんのこと、企業でのインターンシップ(就労体験)や、アルバイト、それに社員としても働くことが可能
  • ワーキングホリデービザの延長は一切許可されず取得は一生に1度きり
  • 申請書受理時点の年齢が18歳以上30歳以下である」「以前にワーキングホリデー就労許可通知書の発給を受けていない」というビザ発給に関しての厳しい制限があるのも特徴

Co-opビザの概要

  • Co-opビザとは、学生ビザを基盤としたワークパーミットのことです。正式には、Study Permit に付随する Co-op Work Permit です
  • カレッジや職業訓練校などで、インターンシップや職業体験がプログラム修了の必須条件になる場合に発行されるビザで、語学学校でのCo-op取得は現在行なう事ができない為、必ず規定のカレッジ等への入学が条件になります
  • 就学期間と同等、もしくはその期間よりも短い期間のプログラムの一環として必要なインターンや就労が認められます

カナダの永住権の特徴 

  • 移住・永住権は、その名の通りカナダへ永久滞在ができることを目指すもの
  • 外国籍を持ちながら、カナダに合法的に滞在できるようになる
  • ビザなしでも自由に就労や通学ができるようになる
  • 学費がカナダ国民と同額になる(留学生は2~3倍の学費がかかる)
  • 自治体の医療保険や社会保障を受けることができる
  • 権利を継続するためには、5年間のうち最低2年間はカナダ国内に滞在していなければならない
  • 5年毎に永住権を更新する必要がある

永住権と市民権(国籍)の違い

  • 永住権は日本国籍・日本パスポートを保持したまま、カナダに永住しカナダ人とほぼ同等の権利を得ることができるのが特徴
  • 一方で市民権の取得は、国籍はカナダになり日本国籍(パスポート)がなくなることを意味する
  • 市民権の大きな特徴は、国籍(パスポート)に加えて【選挙権】を持ち、選挙にも立候補する権利がある
  • 永住権は5年ごとの更新が必要ですが、市民権(国籍)の場合はもちろん更新不要で、永遠にカナダに住み続けることができる
永住権 市民権
国籍 日本(外国籍のままでOK) カナダ(日本国籍は放棄)※
選挙権 なし あり
更新 5年毎に更新あり 不要

AdmHub JA_Post footer

サイドバー

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。